top of page
  • kasuya90

令和4年度12人目の就職者!(通算70人目)

更新日:2023年3月9日

さて、2月の寒さを吹き飛ばす熱いニュースが続きますよ!


12人目の就職者のご紹介です!


Sさん

統合失調症


Sさんがご両親とミークスへ見学に来られたのは令和2年の夏。

大学中退後、アルバイトや派遣をされるも上手くいかず、職を転々とされていたとのこと。


仕事でミスをして怒鳴られた経験が忘れられず、

ミスをするたび落ち込むようになり、体調を崩してしばらくの間静養されます。


回復されてきたタイミングでデイケアの利用を開始。


徐々に働く意欲が湧き就労移行支援事業所を探されていた時、

ご家族がミークスを見つけ見学・体験され令和3年11月から利用の運びとなります。


以前は工場や調理、接客など体を動かす仕事を主にされていたSさん。


過去の経験からか、

「今後はPCを使う事務職に就きたい」

ファイリングやデータ入力などの事務作業と、事務職に必要な社会人マナーを主に訓練で取り組んでいきました。


そんな折…


コロナの蔓延もあり、ご家族の希望で翌年の1月から3か月ほど、テキストなどの在宅訓練やオンラインでの面談を行うことに。


通所を再開始されてからは職員のススメもあり、事務以外の職種も検討してみたいとのこと。


清掃や洗車、室内での軽作業など…

色々な作業を行っていただき、

・どういった作業がSさんに向いているのか、

・Sさんがやってみたいと思える仕事は何なのか、


職員と振り返りながら、職種を絞っていきました。


作業面での課題としては、


◆手順を覚えるのが苦手

→マニュアルを作成し、ひとつずつ確認しながら作業を行うことで手順通り作業することができるように!

◆マイペースに作業をしてしまう

→目標を設定することで時間を意識してテキパキ動くことができるようになり、繰り返し行うことでその動きが安定して身に付くように!


そんな時、食品工場の㈱武蔵野さんの見学へ。


おにぎりなどの製造ラインを見て頂き、

「盛り付けだったらできそう…」

とのことで、早速応募→3日間の実習に挑みます。


色々な作業も体験させていただきましたが、

主に「メシアゲ」という番重の中に入っているご飯を機械に入れていく仕事を担当したSさん。


実習後の振り返りでは、

「やりがいがあって良かった。ぜひ働いてみたい」

とのこと!


企業側からも、

Sさんのにこやかなキャラクターと真面目に作業をする姿勢が良い!

との評価を頂き…


めでたく採用!

最初はなんとなくのイメージの中、事務職一本で就職を目指していたSさん。


訓練に励むSさんを見て、

「体を動かしたり、コツコツした反復作業が向いているんじゃないかな?」

と感じていた職員。


ミークスで色々な作業を体験し、

職員と振り返りながら、ゆっくり話し合うことで、

Sさんも自分にはどんな仕事が合うのか、徐々に認識出来たようでした。


にこやかな笑顔は見せてくださるものの、

マイペースであまり感情をあらわにされないSさんですが、


今は就職に向けてやる気に満ち溢れているそうです! ぴったり合う仕事が見つかって良かったですね!

就職後もミークスの職員は支援を続けていきますで、新天地でも頑張ってくださいね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


エンプロイメントサポートセンターミークスは糟屋郡粕屋町にて就労移行支援事業を行っています。


・就職したいけど不安だな… 

・自分に向いている仕事が分からない

・面接でいつも落とされる…

・しばらく働いていないから不安…

・働いた経験がないけど大丈夫かな

・就職した後もサポートして欲しい


など就職に対しての不安を訓練や相談を通じて解決していきませんか?


発達障がい、精神障がい、知的障がい、高次脳機能障がい、身体障がい、難病 など様々な障がいをお持ちの方への支援を行ってきたスタッフがあなたに合ったサポートを行います!


まずは話だけ聞きたい、どんな雰囲気の事業所なんだろうなど、どんなことでも構いませんのでお気軽にご連絡下さい★


見学・体験は随時受け付けてます!


092−719−0678

:担当 岩永(いわなが)


ご連絡お待ちしています☆

閲覧数:94回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page