• kasuya90

今年度23人目の就職者!(通算58人目)

桜が咲く卒業の季節3月に、3人目の就職者のご紹介です。


Fさん

知的障害


Fさんが初めてミークスに来られたのは高校2年生の時、在学中だった特別支援学校の課外実習でした。


どんな作業でも一生懸命取り組まれ、初々しい笑顔を見せてくれていたFさん。


卒業後、すぐミークスの通所を開始され、やる気に満ち溢れていたFさんですが…


2020年の春はコロナでほとんどの学校が休校になっていたため、ご家族の希望もあり大事を取って在宅訓練等に取り組まれていました。


「私あまり体力が無いんですよー」

と言われていたFさん。


作業はテキパキできるのですが、体を使う作業の場合、時間が経つと疲れのためボーっとしてしまったり、

「休憩したいです」と言われることも。


コロナが落ち着き、ミークス通所を再開された頃も、少し体力が落ちているような印象でしたので、まずは無理せず室内でPCや事務訓練をしながら、少しずつ倉庫などの実習の日数を増やしていきました。


すると徐々に体力が付き、ついには夏の暑い時期でも外での倉庫作業ができるように!


通所を開始して1年ほどが過ぎた頃、「倉庫で働きたい」と気持ちが固まったFさん。


午前・午後と1日を通して普段企業内インターンで行っているMKロジさんでの訓練に励まれました。


企業見学には何度か行かれましたが、通勤や作業内容がFさんの希望に合う企業が中々見つかりませんでした。


そんな頃、ミークスの元利用者さんが働いている企業先へ見学へ。


封入やカード折り、本の梱包やカバー掛けなどFさんが得意な手作業で、Fさんも働いてみたいとのこと。


5日間の実習中、最初は作業に慣れずミスがあったようでしたが、徐々に慣れてきて問題なく作業できるようになっていきました。


企業担当者さんからも、作業ペースの維持や集中力などは評価をいただきましたが、スタッフさんは休憩時間に個々でゆっくり過ごされる方がほとんどのため、コミュニケーションを進んで取るタイプのFさんと、少し雰囲気が異なるよう…とのこと。


今回の採用は見送り…と思いきや、

いつも企業内インターンで訓練しているMKロジさんから、なんとスカウトのお声が!!


いつもテキパキ手際よく作業されるFさんを見ておられたようで、話がトントン拍子に進み、まずはお一人での実習を行う事に。


バスと電車での通勤になるためご本人とご家族が不安を感じられていましたので、事前に職員と通勤練習を数回行い、問題なくお一人で行けることを確認してから実習を開始していただきました。


ミークスの訓練ではしたことのない作業もあったようですが、難なくこなされたFさん。


結果はもちろん採用!

コロナを挟んで2年間の通所を経て、初めての就職がやっと決まったFさん。


現在も訓練で通っているMKロジさんなので、様子は毎日確認できますし、何かあった時の支援もバッチリです。


何よりMKロジさんのスタッフさんが良い方たちばかりなので、ミークス職員も安心してFさんを送り出せます。


いつも元気に挨拶され、職員にもよく話しかけてくれていたFさん。


最近利用を開始された利用者さんも、

「就職されてお別れするのは少しさみしいけど、ミークスはこういうところですもんね」

…とFさんにお別れと労いの言葉を掛けられてました。


Fさん、就職しても、持ち前の元気と明るさで頑張ってくださいね!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


エンプロイメントサポートセンターミークスは糟屋郡粕屋町にて就労移行支援事業を行っています。


・就職したいけど不安だな… 

・自分に向いている仕事が分からない

・面接でいつも落とされる…

・しばらく働いていないから不安…

・働いた経験がないけど大丈夫かな

・就職した後もサポートして欲しい


など就職に対しての不安を訓練や相談を通じて解決していきませんか?


発達障がい、精神障がい、知的障がい、高次脳機能障がい、身体障がい、難病 など様々な障がいをお持ちの方への支援を行ってきたスタッフがあなたに合ったサポートを行います!


まずは話だけ聞きたい、どんな雰囲気の事業所なんだろうなど、どんなことでも構いませんのでお気軽にご連絡下さい★


見学・体験は随時受け付けてます!


092−719−0678

:担当 岩永(いわなが)


ご連絡お待ちしています☆

閲覧数:100回0件のコメント

最新記事

すべて表示